D-Investment & Analysis Inc.

中長期経営計画に則った着実な運営が第一。中長期:株式投資/短中期:FX&日経平均先物取引/管理人:素人お小遣い投資家Tの個人ブログ。投資は自己責任。

2017年3月 運用第12週目 週次 四季報で銘柄探しが一番しっくり

スポンサードリンク
取引毎のキャッシュバックでスプレッドリスクを減らす!FinalCashBack
にほんブログ村 株ブログへ
応援よろしくお願いします‼

こんにちは。

3週間ぶりの週次更新です。

まあ、持株については何にも変更ありませんが(笑)

 

今週の各指標

f:id:Doragon-Fund:20170327003711p:plain

 数週間ぶりの更新になります。

先週はついに下抜けするかと思ったのですが、週末にかけて立て直し気味で、いまだレンジ内のままで推移しています。NY市場はトランプ大統領の進めていたオバマケアに関する法改正に注目が集まっていたことなどもあり、ダウ・S&P500ともに久しぶりの1%超えた下落になりました。オバマケアについてはまさかの採決すらとられずで終わりましたが、今度は税制改革等の発言もあり、今週もまたどうにも掴めない動きは続きそうです。

 今週の取引履歴

f:id:Doragon-Fund:20170327010444p:plain

【ユビテック】

 四季報発売後の1~2日はその内容を好感したのか、多少上昇しました。が、相変わらず上がりきれずにその後建値以下まで下落し、金曜にかけて戻ってきました。

 ユビテックは1月から工場監視のIoTキットを発売しており、これが注目されています。四季報にもある通り引き合いは多いようで、大企業中小企業を問わず問い合わせがあり、「中小企業の方には、順番待ちにて、ご迷惑をおかけしている状況」(IR談)とのことですです。

 具体的には、当IoTキットはシステムデータの加工やカスタマイズ等も行っているようですが、某メディアでの報道にあった売上パターン(導入価格300万円、システム利用料5万円から)以外にも標準キットでは最低導入価格50万円程度と競合他社に比べて安価であり、また親会社のリース部門を絡めることで「現金資金のない会社様も積極的に検討」(IR談)しているということです。また、「弊社のIoTの標準キットは、先進の技術を豊富に取り込んでおり、特許や実用新案等も含む、業界ではパイオニア的存在」(IR談)であり、もちろん安かろう悪かろうではなく、「導入コストも1年以内で回収可能」(IR談)とのことで、今後も継続して引き合いはあるでしょうし、自負通りの効果が見込めるのであればシステム利用料として毎月着実に売り上げを計上できるのではないでしょうか。

 このIoTキット以外にも、私自身各メディアで取り上げられるところを何度も見ましたが、ユビテックの提供する技術でオリックス自動車が12月から始めた”高齢者見守りサービス”が注目されているようです。具体的なサービス内容は割愛しますが、私的には高齢者見守りのみならず運送会社やタクシー会社でも活用することで、ドライバーの査定に活用したり安全運転の指導・徹底に利用できるのではないと考えています。

 人員整理等も進みましたし、IoTキット等の自社製品の売上増加に伴う利益率向上等にも期待していますので、見込みが外れたなというところまではしっかり握っていたいと思います。

 

【インベスコ】【クレアHD】

割愛。

インベスコは新たな銘柄確保のために売却も検討中。

 

その他

 今週も保有株に変更はないものの、四季報が新たに発売されたこともあって新規保有株候補の選定は進みました。

 正直、いまだ銘柄の選定方法はわからないです。Twitter等でうまい方たくさんいらっしゃいますが、どうやったらあんなに銘柄見つけられるのか、分析できるのか不思議でなりません。基本的にもう頭の作りが違うんだと理解していますが(笑)。なので私は適時開示等のIR情報と四季報からヒントを得て分析するようにしています。できないことをいつまでもやろうとしても時間の無駄ですし、基本をしっかりやれていないと、見えない部分が多いと思いますので。四季報や適時開示からヒント自分なりに妄想を膨らませつつ、HP、各種記事や問い合わせ等でその妄想に色付けしていく感じでしょうか。といいつつ、昨年は同様のことをしながらも上昇するまで握力を保てず、DMPやJIA等のあたりをつけていた銘柄の上昇を一切掴むことはできませんでした。「握力を持って握ることができず、目先のちょこまかとしたトレードを繰り返すことで損失を出す」ということが定番化していました。

 昨年の一番の反省をこの点に置き、今年は「しっかり握って待つ」を心掛けています。トランプ相場で大半の銘柄が上昇していますし大き目の相場を作る銘柄もいくつか散見されますが、1年を通したトレードで一番大事なのはもちろん最終日の引け後の運用高です。途中の大相場をいくつ逃がそうと、自分が取れなかったであろう銘柄の相場なら悔やむだけ無駄です。「自分に取れる相場だけ確実に取って利益を積む」。私のような人間が着実に利益を積み上げていくにはそれしかないと思います。そのためには、人によってはTwitterなんて辞めた方が良いと思いますし、そういったところの情報を参考にトレードする銘柄を決めるなんて行動は論外だと思います。デイトレーダーとして専業でやっている人なら1日1日のボラが大事なのでSNSも大事でしょうが、そうでない人が明日明後日の利益のためにあせこせSNSで銘柄探したりというのは愚鈍そのものでしょう。そんなことをするなら四季報やIR等で気になる銘柄を見つけ、例え投資に至らなくとも情報収集・分析に励むべきだと思います。 

 いつものごとく書きたいことを何も考えずに書いているので何を言いたいのか自分でもよくわかりませんが、「投資は自分でやるしかない」んですよね、結局。