読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D-Investment & Analysis Inc.

中長期経営計画に則った着実な運営が第一。中長期:株式投資/短中期:FX&日経平均先物取引/管理人:素人お小遣い投資家Tの個人ブログ。投資は自己責任。

中期経営計画策定に関するお知らせ

スポンサードリンク
取引毎のキャッシュバックでスプレッドリスクを減らす!FinalCashBack
にほんブログ村 株ブログへ
応援よろしくお願いします‼

中期経営計画策定に関するお知らせ

当社は2017年を初年度とするローリング方式を採用した6ヵ年の中期経営計画を策定いたしましたのでお知らせいたします。 期間:2017年3月1日~2023年3月31日 *他ブログからの移転のため、運用開始1月からとなっています    

1.中期経営計画策定の背景

 当社を取り巻く経営環境は、国内は政府の経済政策を背景に企業収益や雇用・所得環境に一部改善が見られるものの、将来的な少子高齢化等を背景に依然として年金不安、所得が続く厳しい状況にあります。また海外においても、中国経済の成長鈍化など不安定な要素を抱え、今後も不透明な状況にあります。さらには、アベノミクス終焉がささやかれ、英国のEU離脱や政治経験のないドナルド・トランプの米国次期大統領選勝利などにより、相場環境もまた今後が不透明な状況にあります。こうした状況の中、当社はより一層の厳しい競争にさらされていくものと予想されます。そこでこの不透明な状況でも前進し、確実に経営目標を達成するためには厳格な計画のもとに経営を行っていくことが不可欠だと認識しております。

 当社経営目標におきまして、(1)資金調達事業における収益の2本柱化(会社員等+独立)、(2)将来における金銭的余裕の確保、という2つの目標を掲げております。このたびこれらの目標達成に向けた動きを一層加速させるべく、2017年3月から2023年3月までの6ヵ年を対象とする中期経営計画を策定いたしました。  

 

2.中期経営計画の基本方針

 当計画の基本方針としましては、①既存事業の収益力を向上させつつ、新規事業の立ち上げ及び収益化の達成、②投資運用部門における安定的なパフォーマンスの継続、以上の2つを目標とします。

そこで3ヵ年の中期計画をさらに前期3ヵ年、後期3ヵ年の2期構成とし、具体的には各期毎に以下の重点施策を実行し、当社の持続的な成長と企業価値向上に邁進してまいります。  

 

スポンサーリンク

 

 

3.中期経営計画の重点政策

(1)ビジョン(2023年までに目指す姿)

・資金調達部門において新規事業の収益化達成 ・投資運用部門において継続的に安定したパフォーマンスを得られる知識・経験 ・資産高1000万円突破  

(2)重点施策

【前期:2017年1月~2019年12月】

①資金調達部門の収益力強化と新規事業立ち上げへの第一歩 前期において必要資格・スキルの習得に取り組み、当社の運転資金源ともなる資金調達部門の収益力向上による経営の安定化と、様々な分野での新規事業の検討・計画立案及び最低1つサービスをローンチ。 前期においてはスキル等の習得に力を入れて取り組む予定ですが、一定程度のスキル等が身についてた段階で積極的に新規事業立ち上げに向けた取り組みを始め、机上だけでの知識だけでなく実践による知識・経験も習得していく予定です。  

 

②投資活動において必要とされる知識・能力の向上 政治、経済、経営等の学問的知識をはじめ、テクニカル分析など投資に必要とされる知識類の習得を目指します。また実際に各種分析手法に取り組むんだ経験をもとに当社において投資運用する中で必要とする手法の精査・取捨選択を行い、投資運用事業における安定した成果を出す基盤づくりを目指します。  

 

③数値目標 ・資産高:30万円→500万円

・運用高:25万円→300万円

・投資運用事業における年間利益率:10%  

スポンサーリンク

 

【後期:2020年1月~2022年12月】

①新規事業立ち上げ及び収益化 前期までで実際に狙いを付けた分野でのサービスのローンチを目指します。リアル又はWEBを問わず、可能性を見出した分野で積極的な活動を行い、2023年までに収益化達成を目指します。後期においては最もここに力を入れて取り組んでいく予定です。  

 

②投資運用事業の安定的なパフォーマンスの継続 前期までで得た知識・経験をもとに資金を短期よりも中長期投資分により多く振り分けることにより、市況分析・銘柄分析に取り組む時間の拡大を図ります。より確実な銘柄のみに時間軸を長くして腰を据えた投資を行うことにより、短期での市場の乱高下による当社への影響を限りなく排することで、金銭的損失及び精神的損害の排除とパフォーマンスの安定化に取り組みます。  

 

③数値目標

・資産高 500万円→1000万円

・運用高 300万円→750万円

・投資運用事業における目標年間利益率 15%  

 

*数か月の海外滞在により資産高、運用高ともに極小額からの開始となることを想定しております。